無料
エロ
動画

牝犬の鎖

とある会社で飼われるM牝の話。 フィクションだと思ってください。

          

今日のお勧め

M女のしつけ方(3)奉仕

焦らすのにかける時間は5分くらいのものだ。
亜衣は比較的感じやすい方なのかも知れないが、大腿の内を触ったときに、腰がひけてややくねらせ始めたら準備は整ったと思っていい。

【奉仕】

おもむろに私は足を突き出して、「舐めろ」と命令する。
亜衣は、足元に跪くと立てひざの格好で私の靴下を脱がせる。
そして、正座をし両手で片方の足を持ち上げて舐める。
亜衣の場合は親指から舐めはじめるのが常だが、特に決めているわけではない。
自主性に任せている。
そのままでは私も手持ち無沙汰なので、時々
「美味しいか?」
などと言葉をかけてやる。
「はい。美味しいです。」
と、当然M女ならば応えるが、本当の味などというものはわからない。
まあ、脱いだ後の靴下の匂いを喜ぶものでなければ、あまり嬉しい味ではあるまい。
それを「美味しい」という姿勢が可愛らしいではないか。
いずれにせよ、舐めさせるには片足ずつになるのでもう片方の足が暇である。
大抵はしばらくすると空いた方の足を亜衣の両足の間に割り込ませる。
亜衣も自然と脚を開く。
正座のまま脚を開いた状態を想像いただきたい。
その間に開いた泉を足の指で弄ぶのだ。
手ではなく足なので、思うようにできないじれったさを感じることもあるが、M女としては、足で弄ばれる辱めに興奮を深めることになる。
また、愛液で濡れた指を掃除するのも、亜衣の口なのだ。
そんな足でも突きつけてやれば躊躇せず口に入れる亜衣ではあるが、未だに最初はやや顔をゆがませる。
抵抗があるのだろうが、咎めることはない。
それでも充分犬らしい。

『初心者の場合』

初心者相手の場合は先に風呂に入ってからさせるようにしている。
せめてもの気遣いである。
また、陰部をまさぐったりもしない。
足を舐めるのに早く慣れてもらうのが大事だからだ。
ちなみに私はこれがわりと好きである。
  1. 2007/06/30(土) |
  2. しつけ方|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

M女のしつけ方(2)挨拶

少し宣伝を。
当サイトでは相互リンクを募集します。
プロフィール欄にメアドを掲載しておくので、ご希望の方はリンクを張った上でご連絡ください。
サイトのどのあたりに掲載してくださったかも書いていただけると助かります。

【挨拶】

荷物を運ばせたらまずお茶(コーヒー)を淹れさせる。
私がそれを飲む間、亜衣は傍らで正座して待つことになる。
床に直接座らせることで、主人と違ってソファーを使うことはできないという、犬の身分を自覚させるために必要な儀式である。
亜衣は正座して背筋を伸ばし、両手をついて土下座の格好で、
「亜衣が立派な奴隷になれますよう、ご調教をお願いいたします。」
という挨拶をする。
これは、私が考えた挨拶ではなく亜衣が考えたものだが、簡潔だが目的もはっきりしていてこれで良いと思っているし、私は気に入っている。
この挨拶を契機に調教に移ることになる。

私は最初に一度亜衣を立たせる。
犬が立つのかという向きもあるかもしれないが、立つ犬もよくテレビにでているからかまわないだろう。
亜衣のとる姿勢は基本的に気をつけの直立の姿勢だが、両手は頭の後ろで組ませる。
こうすることで、自分の体を完全に晒すことになる。
亜衣くらいになれば勝手に手で隠したりはしないが、自分の体を主人にささげているのだと自覚させることが大事である。

ここでは、私の場合あえて体に触れることを控えめにする。
もちろん気分次第でもあるが、焦らすことを一番に考えているためだ。
乳房には触れても、乳首には触れない。
大腿の内側には触れても陰部には触れない。
そうやって焦らしながら、息が荒くなってくれば、ちょんと触ってやってもいい。
声が出るようなら間違いなく濡れている。


『初心者の場合』

はじめて調教するような相手なら、最初はソファに座らせても良い。
この場合は少し順序を変える。
肩を抱いてやるなどして緊張をほぐしてやりながら、徐々に会話をSMの方向にもっていくことにしている。
私の場合は最初からSM目的の相手としかしたことがないので、
「そろそろ調教をはじめようか」
といえばうなずく場合が多い。
そこではじめて脱がせるのだ。
最初は目の前で全裸になることを命じる。
だが、初めての相手の前ではなかなか恥ずかしがってできないものもいる。
それを責める必要はないが、
「では、ここ(目の前)で下着姿になるか、風呂場で全裸になってくるか選びなさい」
と、選択肢を与える。
大抵はどちらかを決断できるはずだ。

ここでもすることは同じだ。
見えないところで全裸になってくる方を選べば、頭の後ろに手を組ませた時点でかなり興奮しているし、下着姿になる方を選べば、脱がしてやる楽しみを味わいながら脱がせば良い。
どっちも焦らしながらだ。
初心者は、言っておいても手で隠そうとするのが普通である。
隠そうとしなければ筋が良いと言っていい。
そういう場合は、
「この手を縛って欲しいのか?」
と言ってやれば、大抵は逆らわなくなる。
叱りつける必要はない。
ぼそっとつぶやくように言うだけでも充分効果がある。
  1. 2007/06/29(金) |
  2. しつけ方|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

M女のしつけ方(1)入室時

私の現在飼っているのは、M犬亜衣・M猫真奈美・M犬春香(NH)といるのだが、とりあえず亜衣を題材にお話する。
基本的にはみんなたいして差のない調教をしている。

【入室時】

まず、ホテルなどの部屋に入るときだが、荷物は亜衣に持たせる。
道具はいろいろ入っているので多少重いが、使役するのはM犬のつとめだ。
基本的に私は自分のことは自分でしたいタイプなのでドアを開けるくらいは自分でやるが、開けたら開けっぱなし、閉めるのはM犬の仕事だ。
荷物があるからといって入るまで待っていて閉めてやるほど優しくはない。
靴を揃えるのも一切お任せだ。
ホテルのドアを入ったら、私の仕事はソファにふんぞり返ることだけである。

私と自分の靴を揃え、ドアに鍵をかけたら、上がりたてのその場で亜衣は全裸になる。
着けていた衣服はバッグに入れる。
大抵は首輪を着用させているので、全裸に首輪という犬の格好で私の前まで調教道具の入ったバッグを運ぶ。
運ぶときは口にくわえてくることが多いが、あまり重いときは背中に乗せて運ぶことを許可している。
もちろん、いずれも途中で落としたり、下に置いたりしてはいけない。
最近では手際が良くなって時間がかからなくなったが、はじめはテレビを見ながら待つこともあった。
私はタバコをやらないので手持ち無沙汰になるのだ。
待たせる犬には当然お仕置きが必要となる。


『初心者に対して』

亜衣のようなM犬に対しては、そのようにさせるが、初対面の場合などは私が荷物を持つ。
まだ、私に対して主人という認識がない場合である。
メールなどでご主人様と呼称できる程度になっているものは、最初から持たせる場合もある。
ドアを閉める、靴を揃えるといった使役をさせるのは、少なくとも初回の調教が終了し、私を主人と認めることを口に出して言わせてからである。

本人の意思の確認の意味もあるが、そうすることで次回調教のために会った時に、最初から粗相のないように緊張することになり、感度を高めることができる。
また、自分がMで従者なのだという上下関係を自然と理解させることができると私は考えている。
  1. 2007/06/28(木) |
  2. しつけ方|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

階級制度

私のMたちには階級制度をもうけている。
これは、他のS女性が行っていたものを参考にしたものであるが、なかなか面白いものである。

そもそも私は、「奴隷志願」とか「奴隷募集」というように「奴隷」という言葉が特にネットを中心に軽々しく使われすぎではないかと感じていた。
「奴隷」というものの定義がどういうものかはっきりとは知らないが、肉体的にも精神的にも主人に服従し、逆らうことのできない存在だと思っている。
だから、初対面の人間、付き合いの浅い人間に対して簡単に「奴隷になります」などと言えないものだと思う。

私のもとにきたMにはまず、「M女」という階級を与える。
1名はニューハーフだが、まあ、女性として扱ってほしいというのでこれも例外ではない。
「M女」は見習いのようなものだ。
一通りSMと呼ばれるジャンルの調教を行い、マゾとしての素質を調べ嗜好を知り、どの程度服従できるかをみる。

ある程度の経験を積ませたら「M猫」とする。
「M猫」は何か一つ得意分野を持っていればそれでいいと思っている。
例えばフェラがうまいというのでもいいし、鞭打たれるのが好きだというのでもいい。
そのMの持つ得意分野を伸ばすための階級だ。
ちなみに「猫」だけに陰毛に鈴を付けることにしている。
携帯のストラップやキーホルダーなど鈴のついているものは多いので、不審がられることはまずないと思うが、着けている本人は非常に気になるらしく面白いものだ。

その次は「M犬」である。
犬は首輪を付けるようにする。
調教の時はもちろん、私といるときは例え食事などでの外出時でも着用させる。
犬なのだから当然だ。
このあたりになると、服従心の強い犬のように従順であることを要求する。
お茶汲みなどはもちろんのこと、プレイの前に服を脱いだりするのも奉仕させる。
足の裏を舐めろと言えば舐めなければならないし、「よし」というまでやめることは許されない。
ここまでくると、調教もかなりこなせるようになってくる。

これ以上の階級は今のところいないのだが、「M豚」があって最後に「奴隷」としようかと考えている。
「M豚」はやはり豚らしく、残飯の処理から排泄物まで口にできるほどの者をほしい。
「奴隷」ならば、私のために使役する真の奴隷が私はほしいと思っている。
  1. 2007/06/27(水) |
  2. 調教|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

我が社の話

私は中部地方のとある県で小さな会社の社長をしている。
年齢は32歳である。
うちの会社は特殊な環境で、働いている全ての従業員は私のMとして仕えているものだ。
まだ、奴隷などと呼べるまでの者はいないが。

現在社員は3名。
女が2名、ニューハーフが1名。
外見上は女性3名が働いているように見えるだろう。

そんな会社の些細な話を綴って行こうと思う。

手始めに何から書こうかと思ったが、おそらく長くなることを予想して私の常套手段としての調教方法からなんとなく述べていくことにしよう。
必ずしも全ての女性に通用するとは限らないが。

  1. 2007/06/26(火) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:83

女優タイプ

AV女優 ロリ系 お姉さん 素人

プレイ別カテゴリー

生姦
痴女
オナニー
クンニ
手コキ
パイズリ
アナル
ローション
口内射精
レズ
野外露出
ハメ撮り
バイブ
ドラマ風
中出し
フェラ
マングリ
潮吹き
放尿
69
3P・乱交
顔射
SM
ナンパ
close