無料
エロ
動画

牝犬の鎖

とある会社で飼われるM牝の話。 フィクションだと思ってください。

          

今日のお勧め

M女のしつけ方(1)入室時

私の現在飼っているのは、M犬亜衣・M猫真奈美・M犬春香(NH)といるのだが、とりあえず亜衣を題材にお話する。
基本的にはみんなたいして差のない調教をしている。

【入室時】

まず、ホテルなどの部屋に入るときだが、荷物は亜衣に持たせる。
道具はいろいろ入っているので多少重いが、使役するのはM犬のつとめだ。
基本的に私は自分のことは自分でしたいタイプなのでドアを開けるくらいは自分でやるが、開けたら開けっぱなし、閉めるのはM犬の仕事だ。
荷物があるからといって入るまで待っていて閉めてやるほど優しくはない。
靴を揃えるのも一切お任せだ。
ホテルのドアを入ったら、私の仕事はソファにふんぞり返ることだけである。

私と自分の靴を揃え、ドアに鍵をかけたら、上がりたてのその場で亜衣は全裸になる。
着けていた衣服はバッグに入れる。
大抵は首輪を着用させているので、全裸に首輪という犬の格好で私の前まで調教道具の入ったバッグを運ぶ。
運ぶときは口にくわえてくることが多いが、あまり重いときは背中に乗せて運ぶことを許可している。
もちろん、いずれも途中で落としたり、下に置いたりしてはいけない。
最近では手際が良くなって時間がかからなくなったが、はじめはテレビを見ながら待つこともあった。
私はタバコをやらないので手持ち無沙汰になるのだ。
待たせる犬には当然お仕置きが必要となる。


『初心者に対して』

亜衣のようなM犬に対しては、そのようにさせるが、初対面の場合などは私が荷物を持つ。
まだ、私に対して主人という認識がない場合である。
メールなどでご主人様と呼称できる程度になっているものは、最初から持たせる場合もある。
ドアを閉める、靴を揃えるといった使役をさせるのは、少なくとも初回の調教が終了し、私を主人と認めることを口に出して言わせてからである。

本人の意思の確認の意味もあるが、そうすることで次回調教のために会った時に、最初から粗相のないように緊張することになり、感度を高めることができる。
また、自分がMで従者なのだという上下関係を自然と理解させることができると私は考えている。
  1. 2007/06/28(木) |
  2. しつけ方|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
<<階級制度 | ホーム | M女のしつけ方(2)挨拶>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kai3038.dtiblog.com/tb.php/3-93856634

女優タイプ

AV女優 ロリ系 お姉さん 素人

プレイ別カテゴリー

生姦
痴女
オナニー
クンニ
手コキ
パイズリ
アナル
ローション
口内射精
レズ
野外露出
ハメ撮り
バイブ
ドラマ風
中出し
フェラ
マングリ
潮吹き
放尿
69
3P・乱交
顔射
SM
ナンパ
close